私たちは、
浮気調査はもちろん、慰謝料請求や離婚の事まで、
安心して相談できる探偵事務所です。

こんな方はご相談ください。

  • 浮気の動かぬ証拠・裁判で勝てる証拠がほしい
  • 浮気相手に慰謝料を請求したい

  • 浮気夫(妻)と離婚したい

  • 夫(妻)の浮気をやめさせたい

  • 夫(妻)から離婚したいと言われたが離婚したくない

  • こちらに有利な条件で離婚したい
  • 裁判は避けたい。示談で穏便に解決したい。

 

※浮気調査について詳しくは、浮気調査部門「SPY探偵事務所」のホームページ」をご覧ください。

 

 

探偵法務’s・浮気調査3つの約束

1.電話でお見積OK

お見積はもちろん、詳細なご相談、ご提案まで、無料で何でも電話でお答えいたします。

 

2.即日対応いたします

すぐに調査をして欲しいなどのご要望にも極力対応しています。

※ただし、探偵業法の定めにより書面での契約は必要です。

 

3.全額返金保証

万一、調査員のミスにより証拠が撮れなかった場合は、代金を全額返金、または、やり直しさせて頂きます。

 

探偵法務’s・浮気調査の特徴

最高レベルの調査力で浮気(不貞行為)の動かぬ証拠を押さえます

探偵法務’s(たんていほーむず)は、日本探偵業協会で最高ランクの調査技能資格「Aライセンス」を取得しており、その最高レベルの調査力と最新の機材で、どんなに状況の悪い案件でも、浮気(不貞行為)の動かぬ証拠を押さえます。

尚、弊社には、大手探偵社で、尾行等が発覚して、調査不能となった案件等も、証拠を押さえたという実績が多数あります。

また、岐阜県において、浮気調査で弊社の右に出る探偵社は無いと自負しております。

 

頼れる街の法律家が直接お話を伺います。

実は、ほとんどのお客様にとって、浮気調査には、問題を解決する過程に過ぎず、慰謝料請求や離婚、あるいは、夫婦関係の修復(不倫相手と接触を禁止したい)などが、最終的な目的です。

せっかく浮気調査をしても、これらの目的を達成できなければ、意味がありません。

弊社では、現役探偵としては最高レベルの調査力がある(日本探偵業協会最高ランクの調査技能Aライセンス取得)というだけでなく、離婚や慰謝料請求の法律に非常に詳しい「頼れる街の法律家」(行政書士TOMO法務事務所代表)が直接お客様からお話を聞いて、無料相談を行うようにしています。

調査の現場にも法律にも精通しているから、良い証拠が撮れて、お客様の目的達成やお悩みの解決に貢献できるのです。

ですから、浮気調査だけでなく、慰謝料請求や離婚、あるいは、夫婦関係修復(誓約書など)等についても、分からないことは何でもお聞き下さい。

 

話しやすい・分かりやすいを心がけ、重苦しい雰囲気にならない様に努めています。

探偵社、行政書士、法務事務所と聞くと、もしかしたら堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、弊社は「話しやすい・分かりやすい」を心がけており、なるべく噛み砕いて分かりやすくお話させて頂く様にしています。

また、浮気調査や離婚等の相談となると、どうしても重い話になりがちです。

そして、重い雰囲気の中や緊張した状態では、お客様はきっと相談しにくいと思います。

そこで、弊社は、ちょっとしたユーモアを交えるなどして、なるべく重苦しい雰囲気にならない様に、努めております。

ですから、相談者様や依頼者様は、肩の力を抜いてリラックスしてご相談頂けると思います。

 

フットワークの軽さと柔軟な対応には自信があります

「今晩、浮気調査をしてほしい」など、緊急の場合も出来る限り対応するように心がけています。

あくまで、出来る限りですが、極力対応致します。

※ただし、緊急の場合でも探偵業法により、書面でのお申し込みは必須です。また、焦らずしっかり準備をしたほうが良いケースもありますので、なるべく時間的な余裕をもってご相談されることをお勧めします。

もちろん、ご相談・お見積は無料ですのでどうぞ、お気軽にご相談下さい。

 

 

※浮気調査について詳しくは、浮気調査部門「SPY探偵事務所」のホームページ」をご覧ください。

相談をためらっておられる方へ

電話で全部お答えします

弊社は、お電話でも、お見積りや、詳細なご提案をさせて頂いておりまます。ですから、聞きたいことはすべて電話で聞いて下さい。

もちろん、無料です。

また、電話でも面会した際でも、しつこい営業等は一切致しません。

 

電話で金額を言わない業者は注意

探偵社の中には「今やらないと」などとお客様の不安をあおったりして契約をすすめ、会ったら中々帰してくれない業者もある様です。
電話で金額を言わない業者に多い様です。高いので、電話で金額を言うと会ってもらえないから電話では金額を言わず、面会したら契約するまで中々帰してもらえないというわけです。

 

気さくで話しやすい

弊社では、話しやすい、分かりやすいを心がけています。また、ときにはユーモアを交えるなどして、お客様がなるべく相談しやすい様、なるべくリラックスした状態でご相談頂ける様に努めております。

また、リスク等についても、詳しくお話しするように心がけております。

 

電話でのご相談も喜んでお受けします
面会するのが不安なお客様は、どうぞ、お電話にて何でもご相談ください。

どうぞ、お気軽にお電話ください。

 

必ずお読みください

 

※浮気調査について詳しくは、浮気調査部門「SPY探偵事務所」のホームページ」をご覧ください。

「早く、安く、確実に」証拠を押さえるには

浮気調査は問い詰める前に

調査対象者を警戒させなければ浮気調査は早く・安く終わる

浮気調査は調査対象者の警戒具合で難易度が大きく変わる

浮気調査は、尾行、張り込みなどにより調査対象者を監視(以下まとめて「尾行等」と言います)して、行動や容姿を撮影する行動調査です。

ですから、調査対象者が、全く警戒していない案件の浮気調査は、たいていが容易で、早く、安く済みます。

しかし、警戒している対象者の調査は、そうは行きません。

 

警戒している対象者がすること

警戒している調査対象者は、証拠を撮られない様に以下な対策をしてくるからです(複数の対策をする場合が多い)。

 

・会う回数が減らして中々会わなくなった

・浮気の証拠や痕跡を消すようになった

・交通手段や行動パターン、行先などを変えたり、裏をかいたりする様になった

・後ろや周囲を気にして尾行等に備えるようになった

・全く会わなくなった(別れた)

 

調査対象者を警戒させてしまうと浮気調査が高くつく

「別れてしまった」以外は、証拠を押さえる余地はありますが、安く、早くという訳には行きません。

密会の日時が特定しにくくなっていたりあるいは裏を書かれたりして、調査を依頼した日に会わなかっったら調査の期間(稼動)が余分にかかります。また、調査対象者の警戒度によっては増員等が必要になったりしますから、警戒されていない案件よりも、必然的に予算や期間が多くかかってしまいます。

 

 

調査対象者を警戒させないために

私の経験上、浮気夫(妻)が、極度に警戒している場合、原因は、必ず依頼者(配偶者)にあります。

言い換えると、「何もしていないのに調査対象者が極度に警戒することはない」ということです。

浮気調査を、早く、安く済ませるには、調査が終わる(証拠が撮れる)まで

 

1.問い詰めたり探りを入れたりしない

2.浮気に悩んでいる素振りを見せず、絶えずポーカーフェイスで

3.自分達(友人知人等含む)調査や調査まがいのことをしない

 

最低でもこの3つを守って下さい。

 

また、自分ではうまくやっているつもりでも、知らないうちに、調査対象者を警戒させてしまうこともあるので、配偶者の浮気を疑ったら、自分で何とかしようとせず、すぐに専門家に相談して下さい。

 

※浮気調査について詳しくは、浮気調査部門「SPY探偵事務所」のホームページ」をご覧ください。

慰謝料請求や離婚の話し合いは証拠をとってから

浮気夫(妻)にしても、その浮気相手にしても、証拠がないまま問い詰めても、まず白状しません。

つまり、証拠もないまま話し合いをしても、離婚や慰謝料請求に応じるケースはとても少ないのです。

そして、話し合いで、離婚や慰謝料請求に応じてもらえない場合に、強制的にそれらを実現させる手段は、最終的に裁判しかありません。

裁判では、証明責任と言って、原告(訴える側)が、不貞行為があったという事実を証明しなければなりません。

つまり、証拠がなければ、裁判はできない(しても勝てない)ということです。

反対に、証拠があれば裁判に勝てるということですから、浮気夫(妻)やその浮気相手が要求に応じなかったとしても、裁判で決着をつけることができます。

しかし、証拠が無いまま話し合いをして、浮気夫(妻)やその浮気相手が要求に応じなかった場合は、事実上裁判をすることは不可能(しても勝てない)ですから、泣き寝入りをすることになり兼ねないのです。

そうすると、かえって悔しい思いをしてしまうことになるのです。

 

※浮気調査について詳しくは、浮気調査部門「SPY探偵事務所」のホームページ」をご覧ください。

問い詰める前に証拠を撮る~証拠が無いと泣き寝入り~

 

問い詰めも警戒するだけで白状しない

当然ですが、証拠が無いいまま、問い詰めたり話し合いをしてしても、ほとんどの浮気夫(妻)やその浮気相手は、不貞行為の事実を認めません。

 

 

調査対象者を警戒さると調査の難易度があがる

調査対象者を問い詰めてしまうと、警戒してしまい調査の難易度が非常に高くなります。場合によっては調査が困難、あるいは、不可能な状態になっていることもあります。

そして、問い詰めてしまってから後から証拠を撮る(浮気調査をする)のは非常に困難です。

 

会わなければ証拠を撮るのは不可能

それでも、証拠が撮れれば良いのですが、最悪の場合は、全く会わなくなって(別れて)います。もしも、そうなってしまったら、浮気調査(行動調査)で証拠を撮ることは、どんなに優秀な探偵でも物理的に不可能です。

ですから、証拠を押さえるまでは、問い詰めたり、話し合いをしたりするべきはないのです。

 

証拠が無いとどうなる

浮気夫(妻)や不貞行為の相手方が素直に事実を認めて離婚や慰謝料請求など、こちらの求めに素直に応じてくれれば、極端な話、証拠は不要です。

しかし、相手がこちらの要求を拒否した場合、離婚や慰謝料獲得などこちらの目的を実現する手段は裁判(訴訟)しかありません。

裁判では、証明責任と言って離婚や慰謝料の支払いを求めて訴える側(原告)が、不貞行為の事実を証明しなければいけないというルール(証明責任)があります。しかし、訴えられた側は、不貞行為がなかったことを証明しなくても良いのです。つまり、証拠が無いと離婚や慰謝料請求が認められない、言い換えると勝てないということです。

 

うかくいかなかったときのリスクを考えて行動

そして、先に書いた様に、問い詰めたりして警戒させてしまった後に証拠をとるのは、困難、或いは、不可能な場合もあります。

問い詰めてうまくいったときのことではなく、うまくいかなかったときのリスクや対策を考えて行動して下さい。

 

※浮気調査について詳しくは、浮気調査部門「SPY探偵事務所」のホームページ」をご覧ください。

 

調査代金を安く済ませる方法