株式会社法務’s(探偵法務’s)は、法務事務所が運営する「適正価格」(良心的価格)で「高いクオリティの調査」を提供する「浮気調査専門の探偵社」です。

トップ > ブログ > 白日の下に晒される!?

白日の下に晒される!?

2017/03/22

カテゴリーブログ

こんにちは。岐阜市の浮気調査専門・探偵法務‘sスタッフ兼行政書士TOMO法務事務所補助者のA

 

です。

 

 

 

連日、世間を賑わせている森友学園問題や都議会の百条委員会。

 

明日は、いよいよ籠池理事長の証人喚問ですね。

 

 

この事件、とてもキャラクターが濃い方ばかりが登場して、その発言にも大注目ですが、

 

 

稲田防衛大臣の「私の記憶に基づいて・・・」

 

 

新しい流行語になりそうな予感です。(笑)

 

 

記憶違いだったと言えば、訂正が許される。

 

 

昔、リクルート事件での証人喚問で「記憶にございません」を連発して、

 

 

ちょっとした流行語になったとか。

 

 

 

浮気調査では、「記憶にございません。」「私の記憶に基づいては・・・」は通用しませんよね。(笑)

 

 

決定的証拠押さえてるわけですから。(笑)

 

 

以前、弊所で浮気調査された依頼者様の裁判で、バカな夫が「友人です」とバカの一つ覚えのように唱

 

えた。

 

しかも、離婚したい理由を奥様に全て非があるがごとく、嘘八百並べていた!

 

 

しかし、不倫相手と暮らす新居への引っ越しの証拠まで押さえてあった。

 

弁護士「友人の住所は?」

 

バカ夫「知りません」

 

弁護士「本当に知らない?●●市●●町xxx・・・あなた、引っ越ししたでしょ?何なら証拠みせようか?」

 

バカ夫「・・・(絶句)」

 

その瞬間、法廷にいた全員が一斉にバカ夫に注目!

 

 

完全に、嘘が白日の下に晒されたわけです。

 

 

明日は大注目です。

 

 

皆様、くれぐれも思料深く行動される事をお勧め致します(笑)

 

 

しかし、この事務所、色々な人生ドラマが盛りだくさんです!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。