株式会社法務’s(探偵法務’s)は、法務事務所が運営する「適正価格」(良心的価格)で「高いクオリティの調査」を提供する「浮気調査専門の探偵社」です。

トップ > ブログ > 不倫は社会問題!?

不倫は社会問題!?

2016/11/25

カテゴリーブログ

こんにちは。岐阜市の浮気調査専門・探偵法務‘sスタッフ兼行政書士TOMO法務事務所補助者のAです。

 

 

早いもので、今年も残すところ、あと1か月となりました。

 

 

不倫というワードがいつになく、頻繁に飛び交った年でしたね。

 

 

オリエンタルラジオの中田さんが、不倫した芸能人をバッサバサきっていましたが。

 

 

先日、実に的を得ているなと思った発言がこちら↓

 

 

「卑怯者たちがたくさん現れた」

 

「釈明会見で妻が不倫を許容してくれたと語る人が続出した」

 

「奥さんは許しているんじゃなくて、許さざるを得ない」

 

例え、不倫を理由に離婚したとしても「養育費を受けられない場合もある」

 

あるいは子供を養いながら生計を立てようとしても「再就職しても低賃金な場合がある」

 

社会問題の一つになっているにも関わらず、「離婚がプライベートな問題であると済まされていると思

 

ったので、発言した」

 

 

女性の社会的立場を理解した発言だと思いました。

 

 

ホント、女性は結婚相手で人生180度変わりますからね~

 

 

弊所で浮気調査した依頼者様が、その後、離婚に至る場合、必ず離婚協議書、公正証書を作成する取り

 

決めをします。

 

 

その辺りは、野田先生が強力な物を作成しますので、ご安心を!(笑)

 

 

弊所の強味は、やはり、一括してサポートできる点です!

 

 

 

アメリカ

 

養育費不払いは犯罪との位置づけ 

 

例えば米国では、父親が養育費を支払わずに行方不明になった場合、「養育費強制プログラム」に沿って国や州政府が父親の捜索や支払い命令を行い、最終的に給与からの天引きや、 
失業給付の差し押さえなどをして徴収する。応じなければ、指名手配犯のように顔写真付きのポスターが街に張り出される。養育費不払いは犯罪との位置づけ。 

 

スウェーデン

 

「立て替え払い制度」が確立

国がひとり親世帯に養育費相当額を支払い、もう一方の親から回収する「立て替え払い制度」が確立されている。低収入で養育費の取り決め額が少ない場合は、 子の生活保障の観点か国が養育費にプラスして支給する。 

 

養育費は子供の権利です。

 

親の勝手で、離婚して環境が変わる、尚且つ、別れたから知らないとは言語同断!

 

3組に一組が離婚する時代です。

 

安〇さんにも、意味のないばら撒きをする前に、強制にするなど、こうし制度を確立すべきだと声を

 

大にして言いたいものです。

 

 

この問題は根が深いので、この辺りで・・・(笑)

 

 

皆様、くれぐれも思料深く行動される事をお勧め致します(笑)

 

 

しかし、この事務所、色々な人生ドラマが盛りだくさんです!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。